株取引での資産運用をご存知の方は多いと思います。
株は難しいし、知識がないまま手を出すと大損するというイメージを持っている方も多いと思います。
あながちそのイメージは外れているとは言えませんが、株にはそれ以外にもとても魅力的なものが存在します。

それは株主優待と呼ばれるものです。
株主優待はどのようなものかと言うと、ある一定の株を所有する株主に対して、その会社の商品や優待券などが貰える制度です。
どの会社にもあると言うわけではありませんが、株主優待を行っている企業は多く、例えばスーパーなどの株主になると毎年お米を送ってきたり、飲食店などは割引券や1,000円分の優待券などが送られてきます。

株を持っているその企業を利用する際に優待して貰えるという特典です。
よく株価が下落して損をしたなどと言う話しを聞きますが、これは株を購入した時点の株価と、現時点での株価の差額の事を指します。
しかし株を売ってしまえば、その差額を損したことになりますが、売らずに持ったままであれば、実質的には損をしたとは言えないのです。

つまり株主優待を受けられる企業の株であれば、持っているだけで半永久的に何かしらの商品や優待券等を貰うことができますので、長い目で見れば大変得をしたと言うことができる場合が多いのです。
これから株の購入を考えている方は、是非この株主優待を行っている企業の株を購入して、株主優待を受けてみることをおすすめします。


ページTOPへ